*All archives* |  *Admin*

2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


治療歴を振り返る  最終回
おはようございます。
今回が最終回です。
TS-1が、一年半効いてくれたのですが、去年の年末あたりから、腫瘍マーカーが上がってきた。
このまま新しい薬に変えるか、鹿児島へ行くか、主治医に聞かれたが、迷わず鹿児島に行くことに
決めていた。
それでも、粒子線という選択もあると思い、今年2月に姫路の粒子線センターへセカンドオピニオンに行った
こちらはすぐに断られた。乳がんからの転移ではあまり前例もない感じだった。

3月にはオンコロへ、また断られたらどうしようかと、ドキドキで行ったけど、
あっという間に治療することに決まりその日のうちに一回目の治療が始まった。
骨が10か所ほど、リンパ節、肝臓の治療だった。
そのまま2週間ほど治療へ、着替えなどもあまり持っていなかったので
先に帰った旦那に送ってもらう。
2週間のメンテナンス後また行き一カ月治療
その一か月後検査があり10日間の追加照射、8月に検査、2週間の追加照射とつづく

オンコロの治療は、思ったよりは大変だった。
孤独との戦いもあるし、自分のことはすべて、自分でしないといけない
治療自体はは痛くも痒くもないけど、あとから、食欲不振やだるさ、はきつかった
それでも、鹿児島のブロ友さんと会ったり、友達もできて楽しいことも沢山あった。

ほとんどの人はやらない追加照射を2回もやり、全部で2カ月3週間、鹿児島に滞在することになった。
自分では一カ月ほどで終わるつもりでいたので、ずいぶん時間もお金もかかった。


初発の時小学4年生だった息子も今年音大を卒業 13年間ですっかり大人になり
鹿児島に行ってる間にオーケストラのオーデションに合格して、あこがれのビオラ奏者になりました。

まだまだこれからも闘病は続くけど
今は無治療、あのまま標準治療を続けていたら、今頃どうなっていたかわからないので
オンコロに行かせてくれた家族に感謝です。
これから先どうなるかわからないけど、今無治療で普通に生活できているのは素晴らしいと思う。

乳がんになるまで、一度も乳がん検診に行ったことがなかったので、
おとなしいタイプだったにもかかわらず、こんなに大変な思いをしてしまいました。
小さいうちに検査で発見し、やっっけておきさえすれば、こんな苦労はなかったです。
今更後悔してもしかたないけど、自分の体は自分でしか守れません
私のテキトーな性格が、不幸を招いてしまいました。
長い治療歴、読んでくださって有難うございました。 (^∇^)ノ






転移してからのこと

5年目の検査と同時に、肺・骨・リンパの遠隔転移確定
   ↓
ポートの手術で3日間入院
   ↓
2回目の抗がん剤の後、ホルモン治療へ
ゾメタ開始
   ↓
3回目の抗がん剤後ホルモン治療へ 4カ月しか効かなかった
   ↓
2012年1月4回目の抗がん剤
   ↓
2012年4月 TS-1開始
   ↓
2012年6月 オンコロにセカンドオピニオンに行くが断られれる
   ↓
2014年12月 TS-1が効かなくなってくる。
   ↓
2015年2月 粒子線センターへセカンドオピニオンに行くが断られる
   ↓
2015年3月  オンコロにセカンドオピニオン
オンコロの治療開始 (肝臓、リンパ節、多発骨転移)
   ↓
オンコロで追加照射 2回行く   計72回の照射する ただいま無治療
   ↓     ←今ここ   
2015年12月 オンコロの定期検査

  
   








スポンサーサイト
治療歴を振り返る  その5
おはようございます。
続きです。
3回目の抗がん剤が終わり、ホルモン治療へ、何の薬を使ったは忘れてしまったのですが
たぶんノルバだったと思います。
それもわずか4カ月しか効かず、また抗がん剤へ・・・
4カ月の間に髪が生えていたので、がっかり感は半端ではなかった。

この頃、おでこの骨にも転移していた。おでこの右上3センチぐらい、こぶのように腫れていた。
ロキソニンや、ボルタレンどちらもあまり効かなかったけど一年間ほど交互に飲んだ。
おでこの骨の癌はは目の隙間から転移していって脳に行くと聞かされて、さすがに怖くなった
おでこは毎日痛むし、家のこともまともにできなくなり、寝たり起きたりの毎日

遺影写真を撮りに行ったのもこのころ

4回目の抗がん剤、またタキソールを6クール その後ホルモン治療へそんなことを繰り返しているうちに
ホルモン剤も効かなくなり、次の薬を選ばないとならなくなっていた。

髪の毛はだいぶ生えてきていたので、また振り出しに戻るのは嫌だと思い
次は髪の抜けないタイプTS-1を選んだ。TS-1は結局一年半ぐらい効いてくれた。
抗がん剤も薬も良く効く体質みたいだった。

転移してから4年ぐらいたっていた。2、3年の余命と覚悟はしていたのに、
そんなに簡単に死なないなぁと思った。髪とまつげは抜け、体重激増、足のつめは剥がれてボロボロに
それでも、すぐにどうにかなる感じはなかった。

TS-1を初めて少したった頃、鹿児島のオンコロへセカンドオピニオンに行った

ちょうど樹木希林さんが、日本アカデミー賞で、「私は全身癌です」と言ってオンコロが話題になった時期だった。
オンコロのことはブログなので知っていたけど、鹿児島は遠いし、標準治療で大金を使ってるのに
またお金がかかるのが嫌だし、そこまでして、生きる必要があるのか?とも思った。
それでも家族には治るというなら、行こうよとひつこく言われていた。

オンコロにセカンドオピニオンを申し込んで一カ月ぐらいで鹿児島に行った。
オンコロはとても混んでいた時期だったけど、思ったよりは早く行けた。
結果としてはTS-1を始めたばかりでそれが良く効いていたので
効かなくなったら来てくださいということだった。
抗がん剤が効いているときは、画像に映らないガンが多くて、わかりにくいらしい
結局その時は断られたけど、やっと明るい光が見えてきたときだった。o(^▽^)o
                                                     つづく



プロフィール

ティナクロ

Author:ティナクロ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メール
tawashikun6@gmail.com
ティナクロ動画
カウンター
リンク
QRコード
QR
スポンサードリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。